葬儀のあとの借用物の返却

葬儀のあとの借用物の返却


借りたものはできるだけ早く、借りたときの状態に戻してお返しするのが礼儀です。後々のご近所づきあいを考えるとこういった部分はおざなりにしないようにすることが大事です。

葬儀社や町内会などからの借用物は個数や状態を確認して、破損や紛失してしまったものがある場合は同じものを買うか、現金で弁償しましょう。

また、ご近所から借りたものに関しては、挨拶回りの時に、お礼の品物を添えて、お返しするのがいいでしょう。

葬儀社や貸衣装店から借りた喪服は、返す前に風邪通しをしたうえで、シミなどの状態を確認してください。特に小物は返しもれをしないように気をつけるといいでしょう。

挨拶回りの時には、道順案内の札を壁に貼らせていただいたお宅にも、忘れずに挨拶にいきましょう。

自宅の中で移動した家具などは、元の位置に戻しますが、祭壇がある部屋はそのままにして、忌明けまで、派手な装飾は控えましょう。



タグ:葬儀 通夜
posted by just in case at 21:23 | 葬儀のあとにすべきこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。