葬儀の世話役を依頼する

葬儀の世話役を依頼する



葬儀が始まると、喪主や遺族達は弔問の対応に追われることになります。ですので、細かいことまでにいろいろ手が回らないため、葬儀全般の実務を取り仕切る世話役を何人か頼むことになります。

裏方である世話役は参拝者に対して、葬家側の人間となります。また、世話役の中心となって動く人物として、世話役代表を1人立てます。世話役代表は監督的な立場になります。

世話役代表は遺族や葬儀社葬儀全般の打ち合わせを行い、世話役にいろいろな指示を出す役割を担います。情報の混乱を防ぐために、遺族はできる限りこの世話役代表を通じていろいろな指示を出すようにします。

世話役代表は葬儀を行う上で重要な役割を果たしますので、親戚や知人、友人などの中から喪家の事情に詳しくて、葬儀の知識、経験などが豊富な方にお願いするのがいいと思われます。

そのほかの世話役は、進行、式場、受付、会計、接待、車両関係などに分かれて、それぞれ数名に依頼するといいでしょう。また通や葬儀を自宅以外で行う場合には、留守宅の連絡係として、世話役の1人は自宅に残るようにするといいでしょう。



posted by just in case at 21:30 | 通夜、葬儀を出すには
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。