葬儀を教会に依頼する

葬儀を教会に依頼する



キリスト教の場合は、カソリックかプロテスタントに関わらず、臨終前に儀式を行いますので、危篤になったら、できるだけ意識のあるうちに所属の教会に連絡をとります。

故人が信者であっても、遺族が信者でない場合は、キリスト教式の葬儀を出すかどうか迷うことも多いと思いますが、本人の遺志を尊重することが大切です。

またかりにキリスト教式で葬儀を行っても、日本では欧米のように土葬することは一般的ではありませんし、教会のほとんどは墓地をもっていませんので、火葬後の納骨は先祖代々の菩提寺や霊園になることが普通です。

またその旨を菩提寺の住職と前々から話し合っておく必要があるでしょう。



posted by just in case at 10:46 | 通夜、葬儀を出すには
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。