市・区民葬って何?

市・区民葬って何?



葬儀にあまりお金がかけられない場合。例えば、故人が一家を支える大黒柱だった場合とか、身寄りのない老人、1人暮らしだった場合です。そのときには、低料金で葬儀をすることができるようになっています。


それが市・区民葬といもので、この葬儀の運営は、市・区などの自治体と連携して業者が行います。普通の葬儀に比べるとちょっと質素な感じがしますが、一応のことは行えるようになっています。


東京23区の場合では、当別区区民運営協議会という機関を設けて、区民葬儀を統括しています。区民葬を行う際には、住民が死亡届を提出するときに、区役所に申請、そして、区民葬祭具券、区民霊柩車券、区民火葬券を受け取って、それらを指定の葬儀社に渡すことになっています。


東京以外でも、市町村民葬の制度をもっている自治体があります。また、多くの自治体ではこのほかにも葬儀に関して相談に乗ってくれたり、低料金の葬儀社を斡旋紹介してくれるサービスもあるので、料金などで困っている場合は、相談してみるといいでしょう。



posted by just in case at 18:12 | 通夜、葬儀を出すには
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。