葬儀社はどんなことをしてくれるの?

葬儀社はどんなことを?



葬儀には、祭壇の設営や、家の周りの飾りつけ、式の進行、人や火葬場の手配、菩提寺や世話役との打ち合わせ、そのほかにも、お布施やお礼の額を決めたりといろいろ準備が必要になってきます。

葬儀を出す家ばこれを全部やることは無理です。大切な方が亡くなって力を落としている状況で、この仕事全部することは、不可能です。また不安疑問も多々あるので、それを解決、サポートしてくれるのが葬儀社の役割です。

家族の死を迎えたそのときから、葬儀の終了まで、いろいろな面において、お葬式を出す家のアドバイザー的な役割になるのが葬儀社といえるでしょう。

昔は、本家、分家の関係や、地域の習わしなどが葬儀のやり方に強く影響して、代々それが引き継がれてきたのですが、最近では、近所同士のつながりも薄くなり、また核家族がが進んだため、葬儀に関する知識を代々受け継ぐということが難しくなってきました。


そのなかで、葬儀社の役割はとても大切で、便利な存在です。任せられる部分は、任せたほうが弔問いただく方にも失礼に当たらないことが多く、無難といえるでしょう。


posted by just in case at 11:42 | 通夜、葬儀を出すには
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。