死亡届けを提出するには?

死亡届けを提出するには?



死亡届は、死亡診断書と同じで、戸籍法によって、死亡した日から7日以内に提出することが義務になっています。また、死亡診断書と左右で一枚の用紙になっています。

提出する人は、同居の親族、同居していない親族、同居している親族以外のもの、家主、地主、家屋管理人、土地管理人の順番で該当する人が届けるように決まっています。

それらの届出をする人が必要事項を記入して、死亡診断書とあわせて、提出します。


役所への提出は代理人がおこなってもかまいません。その場合には、届出人の印鑑と、代理人・代行者の印鑑が必要となります。死亡届には、故人が死亡した場所、故人の本籍地、現住所、配偶者などの記入欄があるので、できるだけ故人に近い方が行うのがいいと思われます。

また、死亡届は、届出人の住んでいるところ、または、故人の本籍地、死亡した病院のある場所のどこかに1通を提出します。故人の本籍地以外に提出した場合でも、本籍地の役所に送付されて、故人は戸籍から抹消されます。


遠隔地で死亡した場合などでも、遺体が戻り次第、死亡届を提出する義務がありますので、注意してください。


posted by just in case at 18:18 | 臨終後、すべきこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。