遺体の引き取りってどうするの?

遺体の引き取りってどうするの?



ご自宅で死亡された時

臨終に医師が立ち会ってなかった場合には、すぐに主治医を呼ぶか、警察医に来てもらい(110番してきてもらってください)死亡診断書を書いてもらう必要があります。医師や警察の許可があるまでは、ご遺体には、触れてはいけないことになっています。



病院で死亡された時

病院で死亡された場合は、病院側で遺体の処置や遺体の清めなどをしてくれます。それがすんだら、新しい服に着替えさせてくれますので、着替えを用意する必要があります。


病院に葬儀社を紹介してもらうと、その葬儀社が搬送者の手配もしてくれます。もちろん病院や葬儀社に頼まないで、自分搬出者を手配しても問題ありません。ですが、大変な時ですし、葬儀社に頼むのが無難だと思います。


迅速に搬出車を手配したら、できるだけ早く自宅に引き取ります。死亡診断書の受けとり、病院への支払いは、なるべくその日に済ませます。



遠い場所で死亡された場合

国内の遠い場所で死亡した場合は、現地で葬儀社に相談するのが無難です。その上で、遺体を自宅に運ぶのか、また現地で火葬するのかを判断します。運ぶ場合には、ドライアイスなどをつめた棺に納棺後、航空輸送もしくは、霊柩車で輸送しますが、全部たのめば葬儀社がやってくれます。



海外で死亡された場合

海外で死亡された場合には、日本大使館や現地の警察を通じて連絡がきます。国内での遺体の引き取り手続きはとれないので、遺族は現地に出向かなければなりません。

遺体の引き取りは、医師の死亡証明書(日本大使館、領事館の署名が必要)日本大使館、領事館発行の埋葬許可証が必要になります。また、現地の葬儀社に防腐処理を頼んで、証明証を発行してもらいます。

これらの書類をそろえたら、航空会社や代理店に頼めば、遺体を日本に輸送することは可能ですが、多くの場合は、運送費用や遺体の損傷のことを考えて、現地で荼毘に付すことが多いです。

現地で火葬した場合には、死亡診断証書、火葬証明証を忘れず日本に持ち帰るようにしてください。




posted by just in case at 16:38 | 臨終後、すべきこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。