新聞に死亡広告を出すには?

新聞に死亡広告を出すには?



故人が社会的に知名度が高かったり、要職にあったときなどには、連絡先がかなり広くて、連絡することが困難なために、新聞に死亡広告を掲載するという手があります。文面は、死亡通知状と同じです。

死亡広告は、葬儀の前日までの朝刊までに掲載するのが普通です。一般に全国版の新聞であれば、午後5時までに、地方版の場合は、午後10時までに申し込めば翌日の朝刊の掲載することが可能です。

費用は新聞社によって、またサイズによって全く違うものですから、予算に応じて、調整してみましょう。

掲載は普通新聞社に直接申し込むのではなくて、広告代理店をとおして、依頼します。その場合には、葬儀社に相談をすれば、代理店を紹介してもらえます。


posted by just in case at 15:43 | 臨終後、すべきこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。